プラーナル・ブログ・フローズン・タイム
プラーナルの中の人ことRecの、思想と妄想と情熱などを垂れ流すある種産廃日記。
04 « 12345678910111213141516171819202122232425262728293031» 06
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
/ --/--/--(--)--:-- /
/ スポンサー広告 / / /
NHKにようこそ!(6)
NHKにようこそ!(6)を読んだよ!
NHKにようこそ! (6) NHKにようこそ! (6)
大岩 ケンヂ、滝本 竜彦 他 (2006/11/21)
角川書店
この商品の詳細を見る

今までもヌルいのが売りで、それなりにふわふわと、しかし醜悪な様を前面に出してきたNHKですが、これはヒドイ・゚・(ノД`)・゚・
出てくるやつ殆どがもうダメになってるし、佐藤は昇りまた落ちていく、天使の幻想を抱いて。
ストーリーはもう正直ありませんが、山崎のその後や、カウンセリングの先生の話が少し進んだかな?
それでも見所はあってですね、私としては<ネタバレ>山崎が彼女(?)と話してて、ページをめくったら衝撃のコマが2回続いたところですね。山崎とかいてビチカスと読む。これがNHKクオリティ!
その後山崎はホりっぱなしだわ、しかし子供時代の山崎は異様に無垢に描かれて、逆に現在の哀れっぷりが出てたりと、散々でした。これ山崎にようこそじゃないかというくらい、山崎でした。
我らがイケメンダメ人間佐藤と岬ちゃんは、引き続き電波180%でお送りしました!
</ネタバレ>
5巻まで読んでしまったし、丁度テレビ放送も終わったということで買いましたが、やっぱりヒドイわ。

しかしこのヒドさこそが、本作の魅力です!(ぇー

因みに限定版買ってないので、サーカス監修のアレはやってません。

「父」亡き後の「コミケ」のゆくえ 多様性、今後も維持
「創」の特集は学校で見た後、自分で買った。
「父」こと米やんが残した情熱がしっかり受け継がれる事を、成長していく事を祈って。
しかし米やん死後が、いきなり年末コミケって、なかなかの関門じゃないか...参加する人、ほどほどにな(笑)
スポンサーサイト
/ 2006/12/20(Wed)22:17 /
/ 日記 / trackback:0 / comment:0 /
恋妃 / プラーナル・ブログ・フローズン・タイム / らいせんす










Wisで送る(管理者にだけ表示を許可)

/ プラーナル・ブログ・フローズン・タイム /

PROFILE

Rec

  • Rec
  • プラーナルの管理人。
    当初はエターニアサイトだったのに、何故か今は鍵っ子サイトに。
    絵描き的にたぶんKey、特にKanonのキツネさんを一番描いてると思われ。
    音楽とお酒とバイトと、靴下が主成分。
    最近は特にYUIガーネ、辛口清酒が好き。
    楽しい靴下や服を探して三千里( ´∀`)

R-ENTRIES







LINKS

SEARCH


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。